子供のバレエのレオタード選びで注意したいこと

子供のバレエのレッスンでレオタードを着用する意味は、身体のラインをしっかり意識してレッスンすることが大切だからです。レッスンでは、自分の立ち姿やポーズなどを鏡に映して見ます。そこでラインが歪んでいないかどうかをチェックするのです。バレエを上手に踊れるようになるためには、まずまっすぐに立てるところからレッスンを始める必要があります。そのため、身体にフィットしたラインのものを着る必要があり、レオタードを着用する訳です。子供のレッスン着は、最近ではファッション性に富んだものも多く見られます。特に小さいお子さんの場合は、かわいらしいデザインのものもあります。かわいいデザインに憧れて、着せたいと思うのも親心ですし、着せる楽しみもあります。ですが、本来何故それを着てレッスンするのか、というのを考えて購入することも大切です。

教室によっては指定されている場合もある

子供のバレエのレオタードは、教室によって、先生によって考え方が異なります。クラス毎に着る色や形が決められている場合、教室で一律で揃えて買う場合があります。大きな教室や団付属の教室の場合はこの傾向があります。個人教室の場合は、生徒の裁量に任されていて、自由なデザインや色のものを選べることもあります。そのため、いきなり購入するのではなく、まずは担当の先生にどのようなものを購入したら良いのかを尋ねてみましょう。同じクラスの子達がどんなものを着てレッスンしているのかを参考にするのもおすすめの方法です。おすすめのショップなどを、先生や保護者の方に聞いてみると良いでしょう。ネットショップでも最近はさまざまなお店があり、手軽に購入できるところも増えています。

選ぶ時に注意しておきたいポイント

バレエのレオタードは、身体にぴったり合っている方が動きやすいです。子供の場合はすぐに成長してしまうので、親御さんは少し大きめのものを買いたくなってしまいます。しかし、大きいものですと、肩紐がレッスン中に落ちてきて、集中できない場合があります。できるだけ身体にぴったりフィットしたものを購入しましょう。また、同じサイズのものであっても、お店によって大きさが違う場合も多いです。小さめに作っているお店と大きめに作っているお店がある訳です。そのため、初めて購入する際は、できればお店にお子さんと一緒に出かけて試着して購入するのがおすすめです。デザインによっては、着にくいタイプのものや飾りが肌に当たってすれると刺激を感じたりする場合もあります。お店で試着して、快適にレッスンできるお気に入りの1枚を是非見つけて下さい。