子供のバレエのレオタードのおすすめの購入法

子供のバレエのレッスンで必要なのは、レオタード、タイツ、シューズです。これはどこの教室に入ったとしても、先生から購入するように言われるでしょう。いわば、レッスンをする時のユニフォームとも言えます。何故、その3つを使うのかといえば、レッスンをするのに理に適っているためです。バレエは、身体のラインを整えて美しいポーズを見せて踊るものです。そのため、いつも自分の身体と向き合い、きれいなポーズを研究していく必要があります自分の身体のラインを正直に出し、それと向き合っていくことが上達のための秘訣となります。そのため、身体のラインがはっきり出るレオタードが推奨されます。また、筋肉の動きが先生からよく見えるように、ピンクのタイツが推奨されるのです。

選ぶ時に気をつけた方が良いこと

子供用のバレエのレオタードには、さまざまな形があります。主なところでは、キャミソール型、タンクトップ型、半袖型、長袖型があります。特徴として、前も後ろも大きく開いているものが多いです。これは、前面について言うと、鎖骨がよく見えること、背面について言うと、肩胛骨がよく見えること、を大切にしているためです。レッスンは、1年を通して空調が効いた部屋で行われることが多いです。夏は冷房を入れることが多く、稽古場によっては身体を冷やすことを嫌って、あまり冷房を入れない場合もあります。冬はケガを防ぐ意味で暖房が効いたところでレッスンをします。そのため、冬でも寒さを感じることはあまりありません。購入する際には、動きやすさを考慮することが大切です。動きやすさ、身体のラインがよく見えるという点では、キャミソールタイプかタンクトップタイプがおすすめです。

購入する時におすすめの方法とは

子供のバレエのレオタードは、お店に出向いて購入する方法やインターネットなどの通販ショップで購入する方法があります。同じサイズであっても、メーカーによって、また同じメーカーでもデザインによって、着心地やフィット感などが異なります。使っている生地の伸び縮み率が違うことにも影響します。そのため、購入する時は、実際に子供と一緒に出かけて試着してから購入するのがおすすめです。しかし、住んでいる地域によっては、必ずしも家から行けるところにお店が無い場合もあるでしょう。その際はインターネットなどで購入しますが、お店によっては、レビューや口コミを掲載しているところもあります。実際にそのお店で購入した方が、お子さんの身長や体重、サイズや着心地などをレポートしてくれていますので、購入する際に参考にするのがおすすめです。