おすすめの子供のバレエのレオタード

初めての子供のバレエのレオタードを選ぶときには、お教室に通いたくなる、可愛いデザインや、子供の好きな色を選んであげるといいです。バレエを習うにあたりモチベーションをあげてあげたいです。そうすれば続けていくきっかけのもなるかもしれません。小学生の子供になると、かわいさよりもしっかりと練習ができるデザインがおすすめです。基本デザインでも種類がありますので選ぶことができます。ネックはタンクトップ型がおすすめです。背中は大きく開いているものもありますが、クロスしているものがおすすめです。袖丈はノースリーブがおすすめです。教室によって指定される場合がありますので、先生に尋ねてみてもいいです。指定がない場合は、レッスンに邪魔にならない程度に可愛いのを選んであげてください。

バレエのレオタードのえらび方。

3歳から小学生の高学年までは多少レオタードを選ぶポイントは変わってきますが、基本はレッスンしやすいもの。体のライン、ポーズが確認できりシンプルなものがいいです。肩ひもがずり落ちてくる場合があり、レッスンに集中できなくなるとかわいそうです。背中がクロスになっているバッククロスデザインを選ぶとよいです。クロスのなりかたも種類があります。気分を変えるためにも2、3種類用意してあげてもいいです。小さなお子さんなら可愛いらしくチュチュ付きのものもあります。小学生になると機能的でシンプルなものがよくなりますので、可愛らしいものは小さい時のうちに着させてあげて、お教室に通いたくなる気持ちを持たせてあげるといいと思います。色もベビーピンクや、ベビーブルーなど可愛らしい色を。

小学生のレオタードのえらび方。

小さなうちに可愛らしいデザインのものを着させてあげればよいですが、小学生になると少し選ぶポイントが変わってきます。子供自身も大人っぽくみられたくなる子もいますので、気持ちを考慮して選ぶことも大切です。購入まえにお子さんの希望をきいてあげてください。黒や紫を希望する子もいますので。舞台では優雅にみえてもレッスンは地道な努力を必要とするものです。せめてレッスン着はお子さんの希望をきいてあげてください。デザインとしては、シンプルナデザイン、キャミソール型で袖がないものをおすすめします。体のラインや筋肉が先生から、しっかりと見える形がいいです。ノースリーブなので、寒いときは体温調節用にボレロやレッグウォーマーなど使用できるので準備してあげてください。