子供のバレエのレオタードの選び方

子供がバレエを楽しく習うためには、正しいレオタード選びが欠かせません。ただ、お母さんが習ったことがない場合、どれを選べば良いのか分からないこともあるかと思います。特にバレエにかかる用品代は決して安いものではありませんので、何度も買い直しをしていると金額面で大変です。できれば最初からレッスンとお子さんに合ったものを用意してあげる用意してあげると良いでしょう。まず、サイズ感ですが、最初に買うレオタードはインターネットなどで見ただけで購入せずに実際に試着されることをお勧めします。メーカーによってサイズ感は変わってきますし、ぴったりとした着心地が推奨されるので、出来れば大きい、小さい等のサイズが異なるものを最初から着用するのは避けた方が良いでしょう。

レッスンスタジオによって変わるレオタード

バレエ教室によって、その練習方針は変わってきます。本格的にプロにまで育て上げることを目標とするような教室ですと、子供のころから大人と同じような服装を推奨されるところが多いものです。色も明るい色ではなく、黒などのシンプルなもので、チュチュも使用せずに体の線と動きがしっかりと分かるものを準備される方が良いでしょう。腕の動き、肩の動きも良く見える物を用意するように言われる教室もありますので、袖があるタイプのものではなく、キャミソールになっているものが良いでしょう。キャミソールだと子供は方が狭いので肩から落ちてきてしまうこともあります。そうすると踊りに集中することができませんので、その場合はタンクトップの者を使用していいか先生に相談されると良いでしょう。

子供が喜ぶチュチュのレオタード

女の子がバレエにあこがれを持つきっかけが、プリマドンナの着る可愛らしい衣装やチュチュの付いたふわふわとした素材感の衣装を着たいといった衣装に対するあこがれで始めるお子さんがたくさんいます。特に小さいうちは踊りそのものよりも、可愛らしい衣装を着ることが出来ることが楽しみで教室に通う子も少なくありません。大きくなると装飾のついた練習着を着ることは少なくなりますが、まだ小さいうちはチュチュのついたピンク色や赤色などの可愛らしい練習着で練習をさせてあげることで教室に通いたいというモチベーションに繋がることがあります。自分の好きな練習着で踊る楽しさを見つける子もいますので、教室の先生も小さいうちは特に練習着にこだわらずにその子の好きな物を選ばせてくれる教室もあります。